リフォーム工事

目的とライフスタイルに合わせたリフォーム工事をご提案いたします。

バリアリフォーム

(1)段差を少なくする (2)手すりを設置する (3)和便器を洋式にかえる (4)床や浴室を滑りにくくする (5)車椅子が通れる幅を確保する 等、高齢者にとって暮らしやすい環境を整えるリフォームはこれから増えていく傾向にあります。

公的ローンである住宅金融公庫のリフォームローンでは、高齢者や身体障害者のためのバリアフリー住宅工事は「政策誘導型リフォーム工事」とみなされ、基本融資の240万円に加え、最高200万円までの割増融資が受けられます。

ただし、融資額合計が工事費の80%以内でなければなりません。金利も低く抑えられており、返済期間は20年。返済終了時の年齢が80歳未満という条件がありますが、定年後に融資を受けると年金収入から返済することになりますから、無理のない資金計画を立てることが大切です。

そのほか、民間の銀行ローンやリフォーム会社が信販・ローン会社と提携したローンもあります。

また、都道府県や区市町村などの地方自治体が高齢者対応リフォームを行う融資制度(利子補給や補助金)を行っているので、まず自分が住んでいる自治体の融資制度を確認してみることが大切です。

現在もしくは将来、リフォームをお考えでしたら、お気軽にご相談下さい。
無料にてお見積もりさせていただきます。

事業内容 会社案内
電子公告
SFビルメンテナンス株式会社
サンフロンティア不動産